どんなキャットフードが軟便になる?モグニャンはあげても大丈夫?!

 

お家のねこちゃんは元気ですか。人間も動物も元気が一番です!

飼い主さんの、サポートがあってこそねこちゃんは健康でいられます。

そこで、ねこちゃんが食べるキャットフードは毎日食べる物なので気になりますね。

モグニャンは栄養を考えて開発されたフードで、赤ちゃん猫からシニア猫までオールステージ対応のキャットフードです。

 

モグニャンを食べる前にチェック?ねこちゃんが軟便になるときはどんなときでしょうか?

 

ねこちゃんが、軟便下痢になりやすいときをしらべました。

 

たとえば、人が食べている物を欲しがる場合・・・

 

アボガト→人間以外の動物に与えてはダメです。

中毒症状を起こします、症状は、下痢やおうとなど。

 

たまねぎ、ネギ類→赤血球を破壊する。貧血をおこしやすいです。

 

チョコレート→含まれているテオブロシンという物質を分解できずに嘔吐や下痢の原因になります。

 

知らずにあげてしまうと下痢症状が続きます。そのときは獣医さんに見てもらってくださいね。

 

知り合いのねこちゃんは、点滴をうけて回復していましたよ。

気を付けてくださいね。

 

あまい物→ねこちゃんの舌にはあまい物を感じる事がないので注意です!

それに、あまいものは、虫歯の原因になります。

猫が喜んでいるならば、飼い主さんとのコミュニケーションのはずです!

 

辛い物や、アルコール→ねこちゃんは、辛い物やアルコールを解毒する肝臓を持ち合わせしていません。気を付けてくださいね。

 

ねこちゃんが、お腹が痛いと言ってくれたら一番分りやすいのですが、ねこちゃんは言葉をはなしてくれませんね。

分かる言葉をはなしてくれませんよね。

 

そのため、飼い主さんの、確認やサポートが大切になってくるのです。

 

モグニャンは自然の食物から一粒一粒丁寧につくられていました。

人が食べる食材から作られていますが、上記に記したものは入っていませんので安心してくださいね。

 

 

もしも、猫が軟便になったらどうしたらいい?

 

 

初めて食べるフードは、ねこちゃんもはじめは警戒しますね。

以外にストレスになったりします。

それなので、はじめは少しずつフードを食べ変えることをおすすめします。

フードを変えることのストレスからゆるめのうんちをする場合もあるために

7日~12日間でゆっくりフードを変えるようにしてくださいね。

 

ここで注意する事は、たんぱく質の酵素がいたずらをして腸内環境をよくします。

たくさん食べると、うんちがゆるくなりやすいのでよく観察してくださいね。

そういう場合は、時間を決めて量を分けて食べさせてあげるようにしてみてはいかがですか?

 

まとめ

 

モグニャンキャットフードは、プレミアムキャットフードです。

健康を考えて開発されたプレミアムキャットフードです。

それなので、猫の体に対する栄養の働きを目的に開発されています。

子猫からシニア猫までオールステージ対応です。

ねこちゃんが、病気になったらかわいそうです。

 

それでも、シニア猫は、年齢的に便秘や軟便になりやすいですね。

 

シニア猫の場合、血液が混ざってないか?粘液が混ざってないか?などをうんちをしたら気にしてあげてください。

正常なうんちは、おトイレの猫砂があまりつかないです。

もちろん、うんちは毎回くさいのは当たり前ですが、いつもの匂いと違う場合も気を付けてくださいね。

チェックしてくださいね。

 

それから、暑さや寒さもストレスの原因です。

季節ごとの気温や温度調整も必要ですよ。

 

こんかいは、軟便について調べてみました。

いかがでしょうか?

気になる情報は見つかったでしょうか。

 

こんかいは、このあたりで、失礼しますね。

最後まで読んでくれてありがとうございました。